サッカーポジショニング理論、オフザボールの動きとボールを受ける位置




こんにちは、TETSUです。

 

今回は、【サッカーのポジショニング理論】として、「オフザボールの動きとボールを受ける位置」について、説明したいと思います。

サッカーは、1人がボールを持っている時間は非常に少ないので、ボールを持っていない時の“オフザボールの動きとオフザボール時のポジショニング”はとても大切です。

・オンザボール→ボールを保持してプレーをしている状態

・オフザボール→ボールを保持していない状態

 

日本でのオフザボールの認識

日本サッカーのジュニア年代でも、上のカテゴリーでもそうですが、

日本人のサッカーのプレーを見たり指導をしたりしていると、ポジショニングが悪く、オフザボールの動きが下手な選手が多いと感じます。

 

日本人のサッカーの試合を見ていると、ポジショニングをあまり意識はせず、選手がボールに寄り過ぎ、足元中心のプレーになっている選手が多い印象です。

私のいたスペインにでも、そのようなプレーをする選手がいましたが、それでも日本の方が多いと感じます。

それは、サッカー文化の違いもあると思うのですが、ジュニア年代からポジショニングやオフザボールの時の動きを知らない選手が多く、オフザボールの動きを教えていないサッカー指導者が多いからだと感じます。

・オンザボール→ボールを保持してプレーをしている状態

オフザボール→ボールを保持していない状態

 

もちろんオンザボールの時に、より正確で良いプレーをする事も大切ですが、その前に最適なポジショニングを維持しボールを受けなければボールを使ってプレーは出来ません。

つまり、オフザボール時のポジショニングをまずは改善しないといけないのです。そして、オフザボール時のポジショニングが改善できると、実行したいプレーを実行しやすくなります。

日本のサッカーは、「ボールを保持している時の個人技を磨く」という意識が強いですが、「ボールを持っていない時の個人技を磨く」という意識は低く、それによりオフザボールの動きの重要性も低いのではと思います。

 

これから紹介する【オフザボールの動きとボールを受ける位置について】は、実際に私が小学生のジュニア年代の選手に教えている内容です。 

ジュニア年代で、このポジショニングが出来ると出来ないでは、大きな差がつきます。

 

オフザボールでのポジションニング

最近のサッカーでは、「ポジショナルプレー」という言葉をよく耳にします。

それと似ている(ほぼ同じ)ものですが、1つ1つの段階と各メリットを踏まえると、今回のオフザボールでのポジショニングに行き着きます。

ですが、小学生の年代にも教えている時には、簡単に分かりやすく、更に各メリットを経て納得してもらいたいので、今回の記事でも「ポジショナルプレー」などの用語は一切使っていません。

 

最終的に求めているポジショニングは、

オフザボール時に、“ボール保持者と斜めの位置でパスコースを作ること”

つまりボールを保持している選手と縦で重ならないということです。

 

この最終的に求めているオフザボール時のポジショニングに行き着くためには、3つの要素が含まれています。

簡単に状況を説明すると、下の画像の通りです。

下方向の味方からボールを受け、目的地のゴールは、上方向です。

サッカー ポジショニング ポジショナルプレー ボール 受ける 角度 受け方 位置 コントロール オフザボール オンザボール メリット デメリット 基本 理論

 

1、体の向き

ボールを受ける時に、注意をしないといけない大切なことは多くあります。

まず1つ目が、「体の向き」です。

ボールを受けた際に、「実行したいプレーを実行しやすくするため、プレーの選択肢を多く持ち、プレーを決断するスピードを上げるために」、その都度より良い体の向きでボールを受けないとなりません。

先程の画像では、相手がいないシンプルな状況ですが、体の向きは横向きにした方が良いでしょう。

ゴールに後ろ向きでは、コントロールをゴールの方向にするのは難しく、ターンをする手間があります。

また、ゴール方向に背を向けると、前方の状況が分かりません。

【体の向き:メリット】

・ボールとゴールを見やすくするための視野の確保

・ターンをする手間を省く

・向かうゴールへの推進力と速さを増すため

 サッカー ポジショニング ポジショナルプレー ボール 受ける 角度 受け方 位置 コントロール オフザボール オンザボール メリット デメリット 基本 理論

 

2、角度

体の向きを正した後には、ボールを受ける「角度」に気をつけないといけません。

1つ目の「体の向き」を正して視野を確保しても、視野の中にボールとゴールの2つは入ってはおらず、首を大きく振らないと2つを確認することは出来ないのです。

なので、少し横方向に広がり、角度をつけて、視野を広げます。そうすると、少し首を振りだけでボールとゴールを確認できます。

ですが、広がりすぎるとゴールからも離れてしまうので、角度をつけすぎてもいけないのです。

また、ボールの正面だと、体の向きを横向きにしていても、体をひねってターンしなければいけません。一歩目はコントロールで二歩目から前に走るテンポになりがちですが、

広がり角度を作っていると、一歩目はコントロールと同時に行い、ゴールへ向かい易くなります。

また、相手は、ボールの正面のコースにいることが多いので、パスコースを作り、相手から一歩でも離れるためでもあります。

これが、オフザボールのポジショニングで最終的に求めている、“ボール保持者と斜めの位置でパスコースを作ること”です。

【角度:メリット】

・視野を広げるため(首を振る動作を省く)

・体をひねる動作を省き、目的地への向かう動作を行いやすくするため

・相手から一歩でも離れ、パスコースを作る

サッカー ポジショニング ポジショナルプレー ボール 受ける 角度 受け方 位置 コントロール オフザボール オンザボール メリット デメリット 基本 理論

 

3、コントロールの方向

3つ目としては、「コントロールの方向」です。

体の向きと角度を正すのが、オフザボールでのポジショニングについてで、コントロールの方向はポジショニングではないのですが、コントロールを方向づけることを日本人はあまり出来ていません。

“次のプレーの為のコントロール”ではなく“足元にボールを止めるトラップ”が多く、プレーのリズムが出ない事が多いです。

目的地となる方向に向いやすくなるプレーを実行できる位置でボールを受けたからこそ、「コントロールの方向」を同時に理解させるべきだと思います。

【コントロールの方向:メリット】

・ゴールへの推進力を増すため

・体をひねる動作を省く(ターンして前、ではなく一歩目から前に進める)

・相手と離れる為にプレーリズムを変える

 

斜めの関係性

オフザボールの時に、上記3つの要素を考慮にいれると、ボール保持者との「斜めの関係性」となります。

先程にも言った、「“ボール保持者と斜めの位置でパスコースを作ること”。つまりボールを保持している選手と縦で重ならないということ」です。

ボール保持者と縦で重なると、以下の様なデメリットがあります。

・正面のディフェンスにパスコースを消される

・ボールを保持している味方のシュートコースを消す

・ボールを保持している選手のドリブルのスペースを消す

・ボールを受けても前に進むのが遅れる

サッカー ポジショニング ポジショナルプレー ボール 受ける 角度 受け方 位置 コントロール オフザボール オンザボール メリット デメリット 基本 理論

しかし今回の“斜めの関係性”は、

空いているスペースの中で、ボールを受けるためのパスコースがある状況」が、あって成り立つものです。

斜めの位置にパスコースが無い状況は起こりうるので、その際の他のオプションも提示している必要があります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ボールを受ける為の、動き出しについての種類とは…

サッカーでボールを受ける3種の動き方。スペイン用語ボールサポート

2018.09.04




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です