日本語に無いスペインサッカー用語、ディフェンスのカバーと守備戦術




こんにちは、TETSUです。

 

日本ではサッカー用語の言語化はまだまだ進んでいません。 

ですが、スペインやアルゼンチンなどのサッカー文化の根付いている国で話されている言語では、1つ1つのサッカーのプレーが言語化されています

つまり、スペイン語にはサッカー用語が多くあるのです。

なので、日本語にはないサッカー用語がスペイン語ではありますし、日本語では一括りにされているサッカー用語がスペイン語の場合では多くのサッカー用語に分類されてもいます。

 

今回ご紹介するサッカー用語は、「サッカーでの守備面のカバーリング」についてのスペイン語です。

Cobertura

1つ目は、Coberturaコベルトゥーラ)というスペイン語のサッカー用語で、直訳では「覆うこと」という意味のスペイン語です。

日本で使われているサッカー用語としては「守備時のカバーリング」の事を意味します。

ボールを持っていない守備の選手が仲間を助けるプレーのアクションで、相手選手が攻撃をして仲間の選手が突破された場合などに、仲間に変わってその仲間の後ろのスペースを守るプレーを言います。

日本語には無いサッカー用語でもないので、イメージがしやすいプレーだと思います。

 

下の画像では、白い丸のディフェンスの選手がCobertura(コベルトゥーラ)をしています。

相手にロングボールを蹴られ、センターバックの選手がCobertura(コベルトゥーラ)、カバーリングをしました。

スペイン語 サッカー用語 単語 プレー アクション 守備 カバーリング コベルトゥーラ ペルムータ 方法 

Permuta

2つ目のサッカー用語はPermutaペルムータ)で、直訳では「交換」という意味のスペイン語です。

守備の際に、仲間の選手がいなくなって空いたスペースを埋める動きのプレーで、いなくなった選手はそのスペースを埋めてくれた仲間のいたスペースを埋めます。

つまり守っている際のポジションチェンジのことですが、基本的には先程に説明をしたCobertura(コベルトゥーラ)の後に行なうプレーです。

Permuta(ペルムータ)という日本語のサッカー用語はないので分かりにくいのですが、Permuta(ペルムータ)はCobertura(コベルトゥーラ)とは異なる動きで、あくまで横方向の関係性で仲間のいたスペースを埋めることを言います。

これは守備時のプレーなので、Permuta defensiva(ペルムータ、ディフェンシーバ)とも言うことができます。

 

また、Permuta(ペルムータ)は、2種類に分けることもできます。 

Permuta ofensivaペルムータ、オフェンシーバ

通常のPermuta(ペルムータ)はチームがボールを持っていない守備時のプレーですが、チームがボールを持っている攻撃時のプレーとしてPermuta ofensiva(ペルムータ、オフェンシーバ)があります。

チームがボールを保持して攻撃をしている中、システム上で同じラインの中で選手のポジションを交代してプレーをすることをPermuta ofensiva(ペルムータ、オフェンシーバ)と言います。

オフェンシーバ=攻撃なので、攻撃中にポジションチェンジをして攻めていく時に味方のポジションを埋める時のプレー用語です。

 

下の画像では、Permuta(ペルムータ)をしています。

ボールを保持していないディフェンスのチームのプレーなので、Permuta ofensiva(ペルムータ、オフェンシーバ)ではなくPermuta defensiva(ペルムータ、ディフェンシーバ)です。

ボールがディフェンダーの裏に流れ、センターバックがカバーリングのCobertura(コベルトゥーラ)を、カバーリングをしてもらったサイドの選手が味方選手のいた場所を埋めるPermuta(ペルムータ)をしています。

スペイン語 サッカー用語 単語 プレー アクション 守備 カバーリング コベルトゥーラ ペルムータ 方法 

ご覧いただきありがとうございました。

サッカーでボールを受ける3種の動き方。スペイン用語ボールサポート

2018.09.04




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です