セビージャVSレアル・ベティス、サッカー試合分析。スペインの戦術

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく




こんにちは、TETSUです。

 

今回もスペインサッカー、リーガ・エスパニョーラの試合分析を行っていきます。

2018-19シーズンが始まり、早くも3節目ですが、今節はなんと行っても世界一のセビージャダービー。この試合は負けられません。

 

スペインで一番盛り上がるセビージャダービーについては、「スペイン最大のセビージャダービー、セビージャとベティス」で詳しくご紹介しております。

スペイン最大のセビージャダービー、セビージャとベティスの2チーム

2018.05.11

前回に引き続き、今回の試合ももちろんセビージャについて中心に分析を行いました。

前節のセビージャの試合分析は、「セビージャVSビジャレアル、試合分析」で行いましたので、よろしければ先に御覧くださいませ。

 

セビージャのシステム

今回のセビージャのシステムは、前節と同じの「1-3-4-2-1」のような形です。

システムとメンバーについては、下の図の通りです。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

リーガ・エスパニョーラ前節のビジャレアル戦からは、左サイドのエスクデロのみがスタメンから外れ、他の10人は変わっておりません。

前節の試合内容を考えれば、バスケスはスタメンから外しても良い気がしました。また、バネガとロケ・メサの中盤では、ダービーでのベティスの中盤を抑えられるのか心配でした。ベティスのホームですし、勢いに乗って相手の攻撃の時間が長くなることも考えられます。

 

セビージャは、EL(ヨーロッパリーグ)予選があったため、中2日での試合となり、その試合に出ていたメンバーのコンディションが気になりますが、どちらもセビージャのホームであるピスファンの試合なので移動時間も少なく、大事なダービーなのでチームとして選手のコンディションもしっかり調整しているでしょう。ですが、やはりこの試合への準備する時間は限られていたでしょう。

対するベティスは平日に試合がなかったので、しっかりと時間がありましたし、ここまでセビージャのスタメンが変わっていないと対策はやりやすいでしょう。

ベティスのシステムとスタメンは下の画像の通りです。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

ベティスのシステムは試合中の状況によって変化していましたが、私は「1-4-3-3」と表します。

とても面白い戦術で、しっかりとこのセビージャダービーの為に準備してきたようなイメージです。

 

私はセビジスタなのでベティスは全く好きではありませんが、ベティスだけに関しても詳しく分析をしたくなる程でした(笑)。

 

セビージャとベティスのポジションニング

セビージャは、前節と同じようなプレスの仕方が理想で、そうしようとしているように試合開始から見えましたが、それが機能しませんでした。

それは、ベティスの選手らのポジションニングと動きによってです。

 

セビージャの前節のプレスについては、前節の試合分析の記事でもご紹介しました。

そして、下の画像が、今回のセビージャのマークとプレスの形です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

本来の1-3-4-2-1の形から、1-4-4-2のようになる時間が多かったです。

相手CBがボールを持った際。12番のアンドレス・シルバはパスコースを切っており、17番のサラビアはもう1人のCBと左サイドバックにプレスの行ける位置。ですが、そのSBには16番のナバスがマンツーマンでプレスに行っているので、サラビアはサイドには戻らず前に残る事が増えます。

そして、逆サイドのサイドバックには、22番のバスケスがプレスに行きます。左サイドの23番アラーナは、サイドに張っていた相手の右ウイングのテージョについていたためです。なので、バスケスはナバスのように、相手のSBをサイドの味方に預けにくい状況でした。

乾には25番メルカド、FWには4番ケアーが1対1でマークしており、左CBの3番セルジ・ゴメスが余ったりしたりしなかったりで、最終ラインはカバーの選手がいなかった状況です。

そして、中盤は2人が相手選手を気にしつつも、ゾーンを守っていましたが、ベティスのカナーレスが上下に動き、そこを7番ロケ・メサと3番セルジ・ゴメスで何とかついていっている感じでした。

 

それにより、1-4-4-2のポジションニングになっており、ボールがどこに運ばれても変わらず、チームとしてズレが出ていました。

2つのサイドでのズレが出ていても、特に崩されてもいなく、セビージャのやりたいように出来ていたなら良いですが、そうでもありませんでした。

20分過ぎまで、このように対応させられていました。このこともあり、開始からずっとベティスのペースでの試合ともなったでしょう。逆に、よく20数分で少しは慣れて対応したようにも感じますが。

 

実際のセビージャのプレスの画像です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しくDFも全員が1人づつ見なくてはいけない状況で、距離感も悪いのは相手に合わせてしまっているからでしょう。

セルジ・ゴメスは1人のマークを放していますが、他の選手も最低1人は見ています。なので、セルジ・ゴメスが放したマークを誰かが対応できる訳でもありません。

 

この1-4-4-2の形は、セビージャは意図的ではないものだと思います。

スタートから、セビージャの前節は「1トップ2シャドー」の形で、ベティスのCBに22番バスケスがプレスに行っていたシーンもありました。ですがその場合ですと、相手のSBとウイングでのズレが起こっていました。

また、左サイドでは、23番アラーナが後ろめでしたが、右サイドの16番ナバスは前節同様縦への意識がしっかりと感じられました。

 

ベティスの狙い

ベティスがボールを保持している際。

先程のセビージャのマークのズレの説明の画像でもそうですが、ベティスの前線の選手は相手の間に入ってボールを受けることと、相手の背後をずっと狙っていました。

先程にも少し書きましたが、セビージャのDFライン(ベティスの前線)では、ほぼ数的同数になってしまっています。

 

試合開始から、その点が心配でした。

マンツーマンで付いていた4番ケアーはロレンに1対1で勝っていたので、なんとか失点までは行っていませんでしたが、セビージャはセカンドボールが拾えない回数が多かったです。特に前半のベティスペースだった時間で。

それは、2ボランチがDFとの距離感の悪さと予測の遅さからです。

下の画像です。

これは、後方にボールを蹴られた場面です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

セビージャのDFが下がって対応したのですが、ボランチの下がりが遅く、水色の丸の大きなスペースを空けてしまっています。

ですが、ベティスの選手はいち早くセカンドボールを拾うためにそのスペースに入っています。

このダブルボランチは2人とも圧倒的な体格でもないので、遅れると相手に競り勝つことは難しいです。

この点以外にも、相手FWが4番ケアーを背負ってボールを受けた時に、ボランチが一緒に挟んでボールを奪えると楽だったのですが、距離がありプレスも出来なかったシーンもありました。

 

 

また、ベティスのFWロレンも左の乾も、各DFの間且つ背後でボールが来るのを待っています。

その背後から、斜めの動きでボールを呼び出す動きも多かったですし、実際にその動きでボールを貰っていました。

そのような動き出しから何度もベティスのチャンスになったシーンがありました。

セビージャのDFはマンツーマンだったので、カバーの選手もいません。

 

その動きが少し複雑になり、38分。

ベティスがゴールを決めるも、オフサイドでノーゴールになったシーンです。

下の画像です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

ここではFWロレンが下がります。ケアーはずっとロレンをマークしていたので彼に意識が行ったままで、背後への意識が更に薄れます。

その時に背後からカナーレスが斜めに飛び出し、DFラインを突破されました。

カナーレスについて行っていたセルジ・ゴメスは、そちらに流れてきたロレンへの意識か、オフサイドを意識して、カナーレスを追うのを辞めました。

 

セビージャのオフェンス面

セビージャは、前節の攻撃とは違い、特に前半はサイドからシンプルにクロスを狙っていました。試合開始から20数分までは、セビージャが攻撃をする回数も少なかったのですが…

 

2シャドーのサラビアとバスケスは、サイドの前のスペースにはあまり走り込まず、クロスに合わせるためにシンプルにゴール前に入っていました。

下の画像のシーンでもそうです。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

サラビアも右サイドに近い位置にいましたが、ゴール前に方向転換しています。前節の動きではサイドの奥に流れていたでしょう。

ですが、ベティスのサイドへのプレスも強く、右サイドのナバスが孤立する場面もちらほら。

数回ですが、前節のようにサラビアが奥のスペースに流れてボールを受けていたプレーがあり、そうするとスムーズに行っていましたが、3人の動き出しを見るとチームとしての狙いがあってこのようにしてきたようです。

 

 

試合開始から勢いの合ったベティス相手に、ビルドアップも失敗する場面が目立っていたセビージャです。

ベティスは、セビージャが後方でボールを持った際は、ほぼ同数でハメに行っています。

下の画像です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

奪ったらチェンスになるボランチのところでは、そこまで低すぎる位置でなければ積極的にマークをしに行っていたベティスです。

15~20分までは、先程紹介したポジションのズレと、ダービーのベティスのホームスタジアムのビジャマリンの雰囲気もあり、セビージャはあまり上手くビルドアップができません。

 

ですが、何回か前線に上手くパスが渡ったのは、そのプレスを回避するために、1つ飛ばしたロングパスです。

19分のシーン。下の画像です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

ここでも、ベティスは前から人数をかけようとしていますが、その分セビージャの選手がフリーになります。ボールを持っているケアーからナバスにボールが繋がります。

ですが、毎回ロングパスが上手く繋がることも無ければ、競り合いの強いCBのところでは難しいですし、ベティスのプレスがそこまでキツくこない時間帯もありました。

 

今回は、前節のように「ポゼッションをしながら、サイドを使って攻撃していく攻撃」ではなく、カウンターから相手ゴールに迫る事が多かったです。

しかし、ベティスの守備では、「奪われたらカウンターをさせないために、まずはガッツリ縦を消す」というような守備の印象を受けました。

後半にナバスがカウンターで突破しようとして、ハーフェーライン際でファールされた場面でもそうです。

 

ベティスの得点シーン

この試合は1-0でホームのベティスの勝利でした。

 

この得点も、最初に私が説明したような、セビージャのズレから生まれた得点だと私は考えます。

 

セビージャはハーフタイムや給水タイムでマークについての確認と修正をしていたと思いますが、ロケ・メサが退場して11対10になって、最初よりも更に難しくなりました。

先に得点シーンの画像です。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

ホアキンが2列目のフリーな状態から、ボールに合わしてDFの間に入って、ヘディングです。

 

ホアキンは試合に入った時から、ほぼずっとそのフリーなスペースにいました。

そこというのは、乾のいた左シャドーより少し下がり目の、セビージャのボランチ横のスペースです。

 

 

セビージャの右サイドのナバスは、下がっていたとしても試合最初からずっと相手のSBを警戒しています。

メルカドは乾を見ていましたが、乾が逆サイドに行きました。ホアキンを見るとそのまま変わらずでしたが、ホアキンは下がりめのポジションなのでマークには行かずに、DFラインを意識してケアーのカバーに入ります。

ケアーは変わらずFWをマーク、セルジ・ゴメスもメルカドと同じようにDFラインを意識、アラーナは乾とテージョを警戒。

ボランチの右にいたバネガは選手交代と退場者により左に行き、右には臨時でサラビアが入りましたが、彼は後ろへの意識が低いのでホアキンをすぐに放してしまう。

ボランチ中央に入った、ゴナロンはボールと共にスライドをするので、ボールが左に行ったら、もちろん左に行きます。

 

なので、そこにスペースが空き、ホアキンはフリーな状態で基本的にその空いたスペースでボールを受けようと待っていました。

途中出場で入ったホアキンの得点ですが、もちろん出場前にはベンチでコーチから色々と言われていましたし、彼自身でも入ったときのイメージはしていたのでしょう。

恐らく、このスペースの事も伝えられていたはずです。

 

前回のセビージャの試合分析でも私が説明したとおり、このボランチ横のスペースが開き、このスペースへはCBもサイドの選手もボールが来るまではあまり埋めようとしません。

下の画像のシーンでもそうです。

セビージャ ベティス ダービー 世界一 スタメン リーガ・エスパニョーラ スペイン サッカー 試合 試合分析 オフェンス 攻撃 ディフェンス 守備 解説 詳しく

画像のシーンでは、まだボールが低めの位置にありますが、水色のスペースはずっと空いたままでした。そしてなんどもこのスペースでホアキンは味方にボールを呼んでいます。

結果、そのセビージャが埋められなかったスペースを起点に、又、前半同様にDFの背後と間に走り込まれ、良いクロスが来てゴールになりました。

 

 

セビージャの人数が途中で少なくなったので一概には言えませんが、結局は試合開始から問題だったマークとプレスのズレが失点に繋がったような状況です。

 

このダービーには、絶対に勝って欲しかったので、セビジスタからしたらとても悔しいですね。

この敗戦がきっかけで、チームの勢いが無くならないことを祈るしかありません。

サッカーに過度のストレッチは不必要!選手に合った量をする意味とは

2018.06.09

ご覧いただきましてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です