スペインのサッカーという文化、日本との圧倒的な差

スペイン サッカー 文化 リーガエスパニョーラ 日本 強い 人気 子ども 大人 プロ 選手 違い




こんにちは、TETSUです。

 

スペインには特徴的な建築物も多くあり、スペイン料理も美味しいですが、やはりスペインと言ったらサッカーというイメージの人も多いと思います。

既に過去の話にはなりますが、2008年のUEFA欧州選手権(EURO)、2010年のサッカー南アフリカワールドカップ、そして2012年のUEFA欧州選手権(EURO)のサッカー主要国際大会を3連覇したスペイン代表は圧巻でした。

今現在もUEFA欧州選手権の優勝回数は、スペインが3回として単独トップです。

スペインのサッカーリーグである、リーガ・エスパニョーラのレベルはとても高く、UEFAチャンピオンズリーグの優勝はここ5年間連続でスペインのチーム、UEFAヨーロッパリーグの優勝はここ5年間の内4年はスペインのチームであり、どちらの大会も最多優勝回数は単独でスペインのチームです。

もちろん他の国のサッカーのレベルも十分に高いですが、私はスペインが世界で1番サッカーのレベルが高いと思っています。

スペイン最大のセビージャダービー、セビージャとベティスの2チーム

2018.05.11

スペインではサッカーが日常の一部

私もスペインに来るまでは、スペインのサッカー文化について詳しくは知りませんでしたが、スペインに来てサッカーが人々の日常の一部になっている事を知りました。

まずスペインのサッカー文化として大きい点は、ほぼ毎日サッカーの試合が見れる事です。

スペインを含む欧州の国々のプロサッカーのシーズンは、毎年夏の終わり頃の8月下旬ごろから6月ごろまで行なわれます。

そしてその期間は、ほぼ毎日サッカーの試合が見られます。

日本でいうと、毎晩プロ野球の試合を放送しているような感じですね。

スペインのサッカーリーグのリーガエスパニョーラは、毎週金曜日から月曜日までの4日間で行なわれています(ナショナルウィークなどの時以外)。そしてどの試合も、キックオフの時間が被らずに行なわれます。なので、週末はずっとテレビの前に座っていれば、プロのサッカーの試合を何試合でも見ることが出来るのです。

日本サッカーのJリーグは、同じ曜日の同じ時間に多くの試合が同時にキックオフするので、録画をしない限り1つの試合しか見ることはできません。

ですが、スペインでは違うのです。(スペインリーグのシーズンの最終節は、順位に影響することもあり、毎年同じ時間にキックオフになっています。)

また、火曜日と水曜日にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)が行なわれ、木曜日にはUEFAヨーロッパリーグ(EL)が行なわれます。なので、月曜日から日曜日まで、見ようとすれば毎日サッカーの試合を見ることが出来ます。

私も、スペインにいて週末に時間があった時には、昼から夜までずっとスペインサッカーのリーガ・エスパニョーラを見ていた事もあります(笑)。

スペインでリーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグなどの試合は、有料のチャンネルでのテレビ放送なので、スペインの家のテレビでサッカーを見るなら有料のチャンネルに契約をしないといけません。

契約をしている人は週末に友だちや親戚を家に招待して、一緒にサッカーを観戦したりもしています。

ですが、スペインの町中にあるバルのほとんどでは有料チャンネルのサッカーを見ることが出来るので、試合のある時には多くのサッカーファンがバルでビールを飲みながらサッカー観戦をしています。

スペインの町中にはいくらでもバルがあるので、有料チャンネルに契約をしていなくても、誰でも気軽にサッカーを見ることが出来るのです。

その際のバルでは、スペイン人らしく歓声や文句などで盛り上がっており、通りを歩いているだけでも、バルから歓声が聞こえて、得点が入ったことが分かる事も多いです。

このように、スペインではサッカーが日常の一部であり、サッカーと隣合わせの生活が文化のようになっています。

 

子供はどこでもサッカーが出来る

日本では学校やクラブチームなどのチームがありチーム数も年々増えていると思いますが、スペインにはそれ以上のチームが存在しています。

スペインの育成年代のサッカーは、日本と大きく異なります。

スペインサッカーの育成年代のカテゴリーと子どものリーグ戦、公式戦

2018.06.05

サッカーチームの数も多いですが、そのチームの中でもカテゴリーやレベルで更に多くのチームに分かれています。

スペインのサッカーチームの多くがクラブチームで、サッカーをしている子供達は幼い時からクラブチームに入って、プロのように1シーズンのリーグ戦を戦います。

期間はほぼプロと同じ期間で、毎週末にホームかアウェイでのリーグ戦があり、それを幼い時からやっています。

日本の育成年代では年に数回しかないサッカーの公式戦が、スペインでは毎週あるのです。

日本のサッカー少年からしたら、とても羨ましいですよね。私も小学生の時からその頻度で試合をしたかった(笑)。

 

そして、ほぼ毎日サッカーの試合が見られる環境なので、サッカー選手を真似てプレーする子供も多いです。世界レベルのスペインのサッカーを毎週のように見ていれば、見ているだけでも勉強になる点は多いので、子供はリーガ・エスパニョーラを見て得ているものは大きいでしょう。

また、どのサッカーチームの監督も皆スペインサッカーの監督ライセンスを持っている監督の方なので、スペインの地域チームでも日本の地域チームとは大きな差があるでしょう。

ちなみに練習のための用具の数などが充実していないクラブもありますが、用具が充実していなくても今ではほとんどのチームが人工芝のグラウンドになっています。

スペインでは子供の時から本格的に、恵まれた環境でサッカーを楽しめることが出来ているのです。

また、日本では「ボールを使って遊ぶのが禁止の公園」などが見受けられる事が多々ありますが、スペインではそんな公園はまずありません。

砂の公園でも芝生の広場でもボールを蹴っている子供はいますし、コンクリートのちょっとした広場でも子供たちがボールを蹴っている光景は日常的です。

 

サッカーは文化

毎日プロのサッカーの試合をやっていて、近所のバルにふらっと行って食事をしながらでもサッカーを見る事ができ、子供や幼い時から充実した環境でサッカーが出来るので、スペインでは毎日サッカーに触れる事ができます。

大人がサッカーで盛り上がっているなら、その周りの子供ももちろんサッカーで盛り上がります。

お爺ちゃんがサッカーを見ているならお父さんもサッカーを見ますし、お父さんがサッカーを見るのであればその子供もサッカーを見ながら育ちます。

そして、家族みんなで同じチームを応援します。

スペイン流サッカー観戦方法!現地のサッカー文化、スタジアムへ行く

スペインは家族愛の強い国なので、好きなサッカーチームの応援をしにスタジアムに行くのも、家族と一緒に行く人が多いです。

2週間に一回はプロチームのサッカーの試合がホームであるので、試合のある週末には家族でスタジアムに行くのが日常になっている人も多いです。

サッカーの試合がある日には、多くの親子がボカディージョ(スペインの大きなサンドイッチ)を持ってスタジアムに向かっている光景が見られます。試合中のスタジアムでは子供が大人の真似をして大声で文句を言ったり、立ち上がって拍手をしたりする光景をよく見かけます。

そして、週末には家族みんなで過ごすのがスペインでは一般的なので、子供のチームの試合がある際には家族みんなでお見送りをして、家族みんなで応援をする事も多いです。

もちろんスペインにもサッカーに興味のない人もいますが、スペインは誰でもサッカーに関わりやすい環境なのです。

 

さいごに

日本でも世界的に活躍した外国人サッカー選手がJリーグに来たり、海外で活躍する日本人のサッカー選手が増えてきたりしていることもあり、サッカーは毎年人気になってはいますが、スペインのサッカー文化と比べると、日本のサッカー文化や環境とはまだまだ圧倒的な差があります。

日本がスペインのサッカー文化の全て真似をするのは不可能だと思いますが、将来的に日本のサッカーが強くなる上では、見本とした方が良い文化が少なからずあることでしょう。

スペインサッカーの育成年代のカテゴリーと子どものリーグ戦、公式戦

2018.06.05

ご覧いただきありがとうございました。

激安サッカーショップ ユニオンスポーツ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です