スペインのトイレは汚い!日本と1番異なる、海外のお手洗い事情

スペイン トイレ 町 都市 汚い どこ 様子 清掃 不潔 違い 不便 臭い 匂い 外観 どこ? 場所 お手洗い




スペイン人と話していると、嬉しいことに日本に興味を持ってくれる人も多く、日本の事を聞いてきてくれたりします。

そこで、

日本とスペインで、1番違う事はなに?

と聞かれる事も多いです。

そう聞かれたら、私は、

TETSU
トイレだよ

と答える事が比較的に多いです。

スペインのトイレは汚い

日本とスペインでは、当たり前ですが異なる点はたくさんあります。

人柄も、料理も、常識も、文化自体が違うので異なる事はいくつでもあるのですが、それでもスペイン人と話をしている時には、私は「トイレ」と答えたくなってしまうほど、スペインのトイレは日本と異なります。

その違いというと、「汚さと設備」です。

 

もちろん県や地域によっても差はありますが、日本のトイレはとても綺麗で、スペインのトイレは汚いです。

私が初めてスペインに来た頃に、スペインのトイレを使おうとしたら、どこも汚すぎたのは衝撃的でした(笑)。

その国の文化的なものなのでしょうがないのですが、スペイン人の清潔の概念と日本人の清潔の概念が違うという事もあるでしょう。

 

私は東京都育ちなのですが、町中にあるトイレでも、綺麗に汚れが拭き取られており、電気の光は明るく、トイレットペーパーも予備も含めてたくさん用意されており、ウォシュレットが付いているのは当たり前で、手洗い場には自動で石鹸や水、そして時にはお湯が出たりもします。

また、入った時に自動で電気が付くトイレや、自動で便座が開くトイレ、使用後には自動で水が流れて綺麗さっぱり流してくれる機能もありますね。

ビルやデパートの中などのトイレだと、便座の上に被せる用のペーパーや便座を拭く為の消毒液や、着替えが簡単に出来る為の台座が個室の内側に設置されていたり、赤ちゃん用のオムツ替えが出来る台まであったりと、とにかく素晴らしいの一言です。

コンビニなどの、誰でも気軽に使えるトイレでも、十分に満足できる設備と清掃がされている事が多いと思います。

 

ですが、スペインのトイレに、これらはほぼ全てに該当しません。
逆に、これから無いどころか更に悪いケースも多いです。

バルや駅などのトイレでは、汚れと匂いが残っているのはほぼ当たり前で、日本人からしたら汚いという印象を持つ人が多いでしょう。

また、トイレにトイレットペーパーが無いことはしょっちゅうですし、トイレの便座自体が付いていない事も多くあります。
トイレの便座が無い場合には、空気椅子状態で用を足すしかありません。

トイレの床が水浸し、トイレの鍵がしっかりと閉まらない事も日常的です。

そのような事をスペイン人に説明したり、日本のトイレの写真をみせたりするととても驚かれます。

 

スペインには、どこにトイレがあるのか

日本には、ほぼ全ての電車の駅もトイレがありますし、町中にいくつでもあるコンビニにもトイレはあって常に綺麗に清掃されています。

ですが、スペインの場合だと町中のどこにでもトイレがある訳でもありません。

地下鉄などの駅にもトイレはありませんし、観光地の周辺には仮設トイレがあったとしても、有料の場合もあります。

そこで、スペインで主にトイレのある施設というと、デパートの中です。デパートのトイレの清掃状態は他の場所と比べるとしっかりしている事が多いのでオススメです。

その他には、新幹線の駅や飛行場にもありますが、多くの人が使用をする事もありそこまで綺麗ではないです。

また、スペインに多くある、バルにもトイレがありますが、何も注文せずにトイレだけ使用するのは相応しくありませんので、その際には何か注文をしましょう。
マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード店にもトイレはあり、何も注文せずにも使用が出来ますが、汚い事が多いです。

日本では家でトイレに行っておこうが、町中でトイレに行こうが特に関係はないと思います。

ですが、スペインでは町中にあるトイレはどこも汚いですし、トイレが沢山あってどこも使いやすい訳ではないので、極力ホテルや家などで用を済ませてから出かけるようにするのがオススメです。

また、スペイン市内を観光中に、駅やデパートなどで綺麗そうなトイレをもしも見つけたら、そこで用を足しておくのも良い手段でしょう。

スペインの道では注意!犬の多さとフン問題!中心部では馬糞にも注意

2018.05.27

ご覧いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です